勉強しすぎた「個人投資家」が、「損切り時」を見誤る理由 変換

損切りロスカットセガサミカジノ – 294579

リンクを取得 Facebook Twitter Pinterest メール 他のアプリ。

提携数日本一!オンラインカジノ公認配信者に選ばれた漢

Author:塩漬けマン 得意:株の塩漬けを作ること 苦手:損切り、利益確定 履歴書 ブログ登場擬人化銘柄。 コメント 24 トラックバック 0。 ついにインチキ教祖を締め出しされたんですね! それが正解かもです!! やはり、下げトレンド中の増担解除は、さらなる下げの可能性が高いので要注意なんですね。 昨日の引け前のナイアガラってそういうことだったのかも、とか考えています。 ただ、明日は空売り規制のようなので様子見ながらですが、私も糞教祖の締め出しにかかりたいと思います。 塩漬けマンさんは日々のハードな農作業があるので、夜のお勉強はほどほどにされてくださいね(笑)。

損失はさらに拡大する

株の世界では、投資家の9割の人が、含み損を抱えているといわれます。含み損とは、買った株の値段(投資額)より現在の値段 評価額 が低いという状態です。投資経験10年以上のベテランでも、そんな状態です。なぜそうなるのでしょうか。先に述べた人間の心理すなわち欲望に加え、投資環境が、高度経済成長時代から、低成長に大きく変化したこと、さらに情報化の進展で、株の売買スピードが格段に速くなっているためです。高度成長時代には、経済全体が右肩上がりで成長し、株を10年間保有していれば、2倍、3倍になりました。現在は、保有期間が長くなるほど、株価低下のリスクが大きくなっています。しかも、コンピュータによる売買スピードがアップし、株価の下落はまさにあっという間です。こうした時代に、初心者が株式投資で利益を上げるためには、まず、買った株価の損切りラインの目安をあらかじめ定め、 逆指値 などの形で、自動的に売却することです。損切りラインをどの程度に定めるかは、銘柄の業種、過去のトレンドなどで異なりますが、「損は早めに処分する」の鉄則から、買値より5~10%下がったラインを目安にするとよいでしょう。もちろん、景気回復局面で、株価が上昇傾向にある場合は、損切りラインはそれより小さくても構いません。しかし、損切りラインのルールを決めたら、必ず守らなければなりません。投資家の多くは、企業の財務内容がよく、成長性があるにもかかわらず、株価が割安に据え置かれている銘柄に投資します。こうした投資は、長期バリュー投資 割安株投資 といわれます。長期バリュー投資であっても、株価は突然下落することがあります。それに備えて、損切りラインは必ず設定するようにしましょう。 損切りのデメリットは、売却した銘柄がその後値上がりし、得られたはずの利益を得られなかったことでしょう。しかし、それは、悔しい思いをした投資家の心理的ダメージかもしれませんが、株式投資の目的は、株式投資額以上の利益を上げることです。個々の銘柄の利益、損失に一喜一憂すべきではありません。ある銘柄で損失を出しても、他の銘柄の利益が大きく、全体として、投資額以上の利益を上げることができれば、株式投資は成功しているといえます。 そのため、個々の銘柄に関して、1年以上の長期保有は考え物です。高度成長時代ならいざ知らず、現在のような安定成長時代には、株価の変動が大きくなり勝ちです。長期保有はリスクが高いといえるでしょう。 ベテラン投資家の間では「ナンピン 難平 買い」という手法が使われることがあります。たとえば、買値円の株価が円にまで値下がりした場合、普通は損切りをしますが、ナンピン買いでは逆に円でもう一株買い増しをします。その結果、買値の平均株価は円となり、回復が早くなるという方法です。しかし、ナンピン買いは、株価の回復が確実に見通せなければやるべきではありません。損失を重ねるだけです。「下手なナンピン、スカンピン」という格言があるとおり、初心者はやってはなりません。

191·192·193·194·195·196·197·198·199·200·201·202·203

ディスカッション