【IR・カジノ】IRに期待するインバウンドの送客機能、日本発のエンターテイメントを世界に訴求 アクセンチュア株式会社 マネジング・ディレクター 上野正雄 革新的

顔認証で入リゾートワールドセントーサカジノ – 767216

上野  長期的な経済効果になると思います。インバウンドの集客効果があり、大阪のIRにはこれまでユニバーサルスタジオや京都、奈良へ行っていた人などに加え、韓国やマカオの既存カジノ客が訪れるでしょう。また、送客機能にも注目しています、IRから観光客を関西圏や日本全体へ連れ出し、お金を落としてもらうためにどんな仕組みが作れるかが重要です。例えばIRに訪れた観光客が、日本に滞在する1週間のうち1〜2日は熊野古道へ、というように人が循環すれば、関西経済圏全体への中長期的な経済波及効果につながるでしょう。

シンガポール マリーナベイ・サンズの光の祭典で活躍するプロジェクター

パナソニック システムソリューションズ アジアパシフィック社(以下、PSSAP)は、シンガポールのアートサイエンス・ミュージアムにプロジェクター42台、フラットパネル10台を納入しました。シンガポール・マリーナ・ベイでは光の祭典「i Light Marina Bay(アイ・ライト・マリーナ・ベイ)」が開催され、当社のプロジェクターが活躍しました。 総面積が平方メートルにも及ぶ巨大な「アートサイエンス・ミュージアム」は、シンガポールのマリーナ・ベイに面したシンガポールを代表する博物館。20以上のギャラリーがあり、有名なモシェ・サフディ氏により設計され、蓮の花をイメージして作られた建物は、国際巡回展示が観賞できるアートとサイエンスをテーマにした世界初の博物館として人気のスポットです。 パナソニックは、ここアートサイエンス・ミュージアムへプロジェクター42台、フラットパネル10台を納入しました。本納入事例は、デジタル・テクノロジーを使ったアート作品で世界的に高い評価を受ける「チームラボ」とのコラボレーションにて実現。チームラボの海外初の常設展示「FUTURE WORLD: WHERE ART MEETS SCIENCE」と、光の祭典「i Light Marina Bay」では、当社製プロジェクターを活用したアート作品が観客を魅了しました。 今年で4回目を迎える「i Light Marina Bay(開催期間:年3月4日~27日)」は、アジアを代表する光の祭典として、国内外から注目されています。年のテーマは「In Praise of Shadows (影の賞賛の中で)」。 17台もの当社製プロジェクター(PT-DZ21K、輝度20,lm)を駆使し、アートサイエンスミュージアムの蓮の花の巨大な建物に、「What a Loving and Beautiful World」と題した芸術的なプロジェクションマッピングを実現しています。

LINE 17 18. Music Tubee19 Petapic.

5·6·7·8·9·10·11·12·13·14·15·16·17

ディスカッション