マカオやマニラのカジノでも迫力3Dスロットゲームが大人気! リーダー

ボーナスステージセガサミー日本カジノ – 656565

IR法案が年に可決され、将来的に日本国内で大々的なカジノ事業が始まることは、すでにほぼ確定しています。日本は賭博行為(ギャンブル)を禁止していて、公営ギャンブルだけが例外的に認められる賭博行為で、それ以外は名目上存在していません。 しかし、「日本におけるギャンブル」というとやはりパチンコ、パチスロが筆頭でしょう。あくまでも「遊技」という位置づけでギャンブルではないという認識のグレーな存在ですが、これを除いて日本のギャンブルを語ることはできません。

ドキドキとワクワクを盛り込んだ大人が遊べるカジノマシンで世界市場へ(2)

セガサミークリエイション 小口久雄社長=G2Eアジア会場にて撮影。 セガサミーグループのカジノ機器メーカーとして年6月に設立されたセガサミークリエイション。昨年マカオで開催された国際カジノ見本市「G2E(グローバルゲーミングエキスポ)アジア」に初出展し、会場をアッと驚かせるド派手な大型マシンをお披露目して話題をさらった。 その後、同社カジノマシン第1号機「シックボー・ボーナス・ジャックポット」は、ヴェネチアンマカオカジノへの参入を果たした。先月(5月19〜21日)開催された「G2Eアジア」では、第1号機のほか、第2号機「エキサイティングバカラ」の展示、開発中の「トリプルホイール(仮称)」の映像紹介を通じて開発力をアピール。 販売拡大を目指し、会場中央にイベントステージ付きの大型ブースを展開。あらためて大きな注目を浴びた。 同社を率いるのは、セガを代表する数々のヒット作を生み出したゲームクリエイターとして知られる小口久雄社長だ。 世界の強豪ひしめくカジノマシン市場にゼロから挑む決意はいかなるものか、そして勝算はいかに? G2Eアジア会場にてお話を伺った。

G2Eアジア2015 – セガサミークリエイション 小口久雄社長インタビュー(2)

セガサミークリエイション 小口久雄社長=G2Eアジア会場にて撮影。 セガサミーグループのカジノ機器メーカーとして年6月に設立されたセガサミークリエイション。昨年マカオで開催された国際カジノ見本市「G2E(グローバルゲーミングエキスポ)アジア」に初出展し、会場をアッと驚かせるド派手な大型マシンをお披露目して話題をさらった。 その後、同社カジノマシン第1号機「シックボー・ボーナス・ジャックポット」は、ヴェネチアンマカオカジノへの参入を果たした。先月(5月19〜21日)開催された「G2Eアジア」では、第1号機のほか、第2号機「エキサイティングバカラ」の展示、開発中の「トリプルホイール(仮称)」の映像紹介を通じて開発力をアピール。 販売拡大を目指し、会場中央にイベントステージ付きの大型ブースを展開。あらためて大きな注目を浴びた。 同社を率いるのは、セガを代表する数々のヒット作を生み出したゲームクリエイターとして知られる小口久雄社長だ。 世界の強豪ひしめくカジノマシン市場にゼロから挑む決意はいかなるものか、そして勝算はいかに? G2Eアジア会場にてお話を伺った。 自社マシンの競合優位性? 当社マシンの開発の根源は、アーケードゲーム機にあります。当社のスタッフはゲームを作ってきたスタッフですから、ギャンブルマシンを作っているという概念はあまり持っていません。 真剣にお金を賭けさせる事でも、単に効率よくお金を使わせる事でもなく、とにかく、大人が心からドキドキ、ワクワクする『遊び』を追求している。 例えば、第1号機の「シックボー・ボーナス・ジャックポット」なら、画面の背景デザイン切り替え、実際のテーブルを囲んでいるような俯瞰目線で他の参加者がどこにかけているのかが分かる機能、一定金額をベットすると自動でジャックポットがかかる仕組みなど、細かいディテールにこだわりました。 また、筐体デザインについても、アーケードゲームで培ったノウハウともいえる見た目のキャッチーさを取り入れています。

20·21·22·23·24·25·26·27·28·29·30·31·32

ディスカッション