初心者でも安心!マカオカジノの疑問点やルールを徹底解説♪ リーダー

日本人に人気ギャラクシーマカオカジノ – 212455

ギャラクシーリゾート内にオープンしたホテル。同じような、お城みたいな建物が2棟あります。 1棟はギャラクシーホテル、もう1棟がホテルオークラとバンヤンツリーが同居しています。他の口コミにもありますが、各地から無料のバスが発着しているのは、ギャラクシーホテル側のため、カジノ内を歩いて5分くらいでオークラ側のエレベーターホール入り口に着きます。案内板にそって行くと、少し遠回りになるようです。  着物を着たスタッフは、朝から夜9時か10時まで必ず2名くらいはいます。夜以外は、とりあえずロビーに行けば、日本語で対応可能です。ただし、モーニングコールなどは、英語か中国語でないとだめです。  私が泊まったのは、低層階でしたので(8階)ベランダが付いていました。おそらく外観を確認しましたが、5階から10階のみのようでした。部屋はそれほど広くはなかったのですが、 可動式のシャワーがついたシャワールームと、深いバスタブがありました。このバスタブにも可動式シャワーが付いているのは、日本式を感じることができました。アメニティも安心して使えます。ヘチマのボディスポンジもありました。洗面ボールは2つ付いていました。トイレ洗面スペースは部屋のような広さです。  問題は一つ。バイキングの朝食です。まったくだめです。3日間全く同じ内容でした。 和食もとても少なく、これは全くだめだと思います。卵料理は少し改善されたらしく、メモに希望を書いてわたし、テーブルまで運んでくれるスタイルになっていました。まちがって持ってこられる事も多いですが。      7名乗りの普通車を国境までお願いしました。香港ドルでした。タクシーは、少し待たないとこない事が。

マカオ在住10年の政府公認ツアーガイドが、マカオの最新観光情報をわかりやすくお伝えします。治安が良いピカピカの街マカオで、非日常体験をしてみませんか?

マカオ最大のエンターテイメントと言えば・・・やっぱりカジノですよね! 日本にもIR 統合型リゾート施設 が出来るとはいえ、まだまだ「ギャンブル」に抵抗を感じる方も多いはず。 また、「そもそもどのゲームをやればいいのか分からない」「ルールを知らないから選択肢がない」という方もいますよね。 今回は、そんな初心者の方の不安や疑問点を1つ1つ解消していきます! 世界中から来る裕福な観光客を目当てに悪事を働く中国人が多く、カジノに慣れていない日本人も狙われやすいんです。 貴重品が入ったバッグ、財布などを椅子の横に置いたり後ろに置く事はとても危険なため、必ず自分の前に置くか、荷物は預ける事を習慣づける必要があります。 土日は来場者が多く稼ぎ時ということで、最低掛け金が上がる傾向にあります。 例えば、ルーレットが平日はドルスタートなのが、土日はドルスタートになるなどです。 「損をしたくない!」と考える方は旅行日程をずらすなど、考慮が必要です。 基本は顔チェックのみですが、稀にパスポートの提示を求められる場合があります。 私も22歳でパスポートチェックを受け、ホテルに置いて行っていたため入場出来なかったことがあります・・・ 保護者が同伴していたとしても、子供の入場は認められませんのでご注意を! また、カジノといえば「タバコをスパスパ吸いながらコインを積む」というイメージがありますが、年の法改正によってカジノ内は禁煙となりました。 喫煙したい人は、カジノ内に設置されている喫煙所で吸ってください。

189·190·191·192·193·194·195·196·197·198·199·200·201

ディスカッション