リゾカジ カジノレポート プログラム

日本語ではオーストラリアカジノ – 805514

日本の友好国としても知られているオーストラリアにもカジノがある のをご存じでしょうか?コアラやカンガルーといった大自然を想像されがちなオーストラリアですが、実はカジノ大国でもあります。

その他のおすすめ特集

日本には今現在カジノがなく、「ディーラー」といってもどんな仕事なのかあまりピンとこない人も多いと思います。 「ディーラー」はカジノのテーブルゲーム(ルーレット、ブラックジャック、ポーカーなど)でプレイヤーの賭けを受け付け、ゲームを進行して賞金を払う人です。映画とかでよくみるカジノのシーンで、テーブルの後ろでルーレットを回したり、トランプを配ったりしている人ですね。 「ディーラー」はいろんな国または、クルーズ船のカジノで働くため、コミュニケーションをとるのに英語は必須です。 先ほども触れたとおり、「ディーラー」は夜の仕事です。そして、基本的にカジノは年中無休なので、土日祝日も働かなくてはいけません。朝に弱い私には、1時に始まるこの仕事はあっていましたが、夜に弱い人には向かない仕事です。イギリスにいたころは未婚で子供もいなかったので、週末や祝日に働くことは苦になりませんでした。しかし、 パートナーや子供、友達と時間の合わないこの仕事は、残念ながら、結婚や出産などを考えるには不向きな仕事 だと思います。 この仕事の魅力のひとつに給料が良いということが上げられると思います。 夜の仕事は基本的にどの仕事でも給料が高めですよね。今から約10年前、私がイギリスのカジノで働いていた時の年収は1年目でポンド(年、1ポンド約円だったので、日本円に換算すると約万円)でした。これは固定給で、一ヶ月ポンド、ボーナスは1か月分なので、合計でポンドになります。しかし、「ディーラー」の収入のもうひとつの要素はチップです。チップは平均して、月にポンドもらっていたので、それを合わせると年収ポンド(万円)になります。ちなみに、年、日本の高校卒の初任給が16万円だったことを考慮するとかなり良い報酬ですね。 近年、常に売り上げが減少していたカジノ産業ですが、年、年と2年続けて増加の傾向を示しています。 日本でもカジノ法が成立しました。今後「ディーラー」の仕事は、海外だけでなく日本でも求められる職種になると思われます。

この記事を読んだ人にはこんな記事も読まれています

会員登録 マイページ メニュー マイページ。 週末を利用して気軽に行ける距離。 日本語が通じるところが多いのも魅力 日本から約2。

海外のカジノで働く日本人ディーラーの仕事とは | Kiminiオンライン英会話ブログ

DMM 0 SMBC 0 LINE 0. 0 0 SBI SMBC GMO LINE SBI SMBC GMO LINE DIAMOND DIAMOND,inc com 1550 1 DMM STANDARDDMM PRO2 2IPO IPO 1 10 SBI 150 0 1 150 0 NO.  63 67  69 72 75 77 79 81    84 85 89 91 94.

240·241·242·243·244·245·246·247·248·249·250·251·252

ディスカッション