ブラックジャック‐ルールと遊び方を徹底解説 プログラム

ブラックジャック実践アルゼンチンのカジノ – 979300

そしてその勝負は、個々のプレーヤー(自分を含めた他の一般の客)とディーラー(カジノ側のスタッフでトランプを配る人)との 1対1 の対戦形式で勝敗が決められる。つまりプレーヤー同士(客同士)は互いにまったく関係ない。

関連記事(一部広告)

カジノゲームの一つとして有名なブラックジャックをご存じでしょうか。 このブラックジャック、海外では若者から主婦層、ビジネスマンに人気のあるゲームなのです。 その理由はマニュアル本に書かれている方法を身につけることができれば、ちょっとしたお小遣い稼ぎができるからなのです。 とはいってもギャンブルだから、お金を稼ぐだなんて絶対に無理だと思われる方もいらっしゃるかもしれませんね。 しかし、海外では、パチンコ店に行く感覚でブラックジャックを楽しむ方がたくさんいるのです。 カジノゲームの中で、初心者の方でも気軽に遊ぶことができるブラックジャックですが、カジノ店にお客が少ないと、ディーラー対プレーヤーが1人のみということもあります。 こんな時は要注意してください。 ディーラーが1人のプレーヤーにカードを配るとすぐにカードがめくられ、ゲームの勝ち負けが分かります。 1対1のゲームを実際にやってみるとわかりますが、プレーヤーが自分一人だと、かなりの重圧がかかります。 プレーヤーはカードを引くか、引かないかの選択権がありますが、向かいのテーブルにいるディーラーをあまり待たせると悪いと思い、ゲームを慌ててしまうことがあります。 1対1のゲームの場合、あっという間に賭けチップをディーラーに吸い取られてしまい、思わず心の中で泣いてしまうこともあるかもしれません。 実は、ゲームの進行を早めるのは、ディーラーのテクニックの一つだと思っておきましょう。 本場のカジノでは、ディーラーは歩合制である場合が多いため、いかに客から賭けチップをまきあげることができるかが重要なのです。 そこで、ブラックジャックのテーブルを選ぶときは、すでにテーブルに2人か3人腰かけているテーブル席を選ぶことが大切です。 ゲームの進行はディーラーが握っているので、複数のプレーヤーがいるテーブル席の方が、カードを引くか引かないかについても、冷静な判断をすることができるのです。 プレイヤーとディーラーが1対1の勝負を行なうブラックジャックはカジノでは大変人気があります。 ルールは、点数合計が21を超えないようにしながら、点数の合計を21に近づけた方が勝ちと言うシンプルな物になっています。 そして単に数字の単純な合計では面白くないので、絵札は10とみなし、Aは、11か1とカウントします。 そしてゲーム中でディーラーから配られたカードが、Aと10に相当するカード、つまり10・J・Q・Kのいずれかで21点になるようなことが、稀に有ります。 これは大変ラッキーなことであり、ナチュラルブラックジャックあるいはナチュラル21と言われています。 そして、ここでいうナチュラル21は、スペードの黒のエースとジャックの組み合わせの事をさし示します。 スペードの黒のエースとジャック、これこそがカードゲームであるブラックジャックの名前の本当の由来なのです。 古くは中世ヨーロッパの時代にその由来の内容が、忌み嫌われた時代が有り、それ以降の歴史から消えてしまったのでした。

アルゼンチンのカジノ情報

ブラックジャック(BJ)とは、 プレイヤー(自分)とディーラー(親)1対1の勝負で 、 手持ち2枚からスタートし、合計数字が21に近い方が勝ちとなる 、カードゲームです。 ブラックジャックと、3枚以上で21を作った場合では、 ブラックジャックが優先勝ち になります。さらに、 ブラックジャック同士の場合は引き分けでは無く、ディーラーの勝ち 。 しかも、 ディーラーには「16以下の場合、絶対に3枚目を引かなければならない」というルールがある 為、バースト(21を越えたら負け)の確率が高くなり、勝つ確率が高い事も、愛される理由の1つ。 このような 確率を分析したのが、基本戦略であり、勝ち方・攻略法である 、 ベーシックストラテジー になります。 完全日本語対応、サポートも日本語で迅速に対応 してくれ、英語アレルギーでも安心(笑)。

今すぐ使えるブラックジャックの10個の必勝法

政府公認カジノとして、船上カジノ・ブエノスアイレスがあります。 ブエノスアイレス市街地は合法ではなく、違法カジノが多数存在するので注意が必要です。 ドレスコードがありますが、サンダル、短パンを避ければ、問題ないでしょう。

186·187·188·189·190·191·192·193·194·195·196·197·198

ディスカッション