実話:カジノを襲った怖い者知らず達 プログラム

カードカウンティングのブラックジャックグランドベガスカジノ – 839660

resocasi さんのツイート。

関連記事(一部広告)

インターカジノ 4年連続で雑誌「ギャンブリング・オンラインマガジン」のトップオンラインカジノ賞を受賞。日本人に大人気。 年7月に日本人プレイヤーが 約7,万円 を獲得。スマホやビットコインにも対応。 ベラジョンカジノ 早くからスマホ対応していて日本人に人気。年に 約4億円 のジャックポットが出ています。スマホやビットコインにも対応。 パイザカジノ 年4月に日本人最高獲得賞金額となる 約1億万円 のジャックポットを出しているカジノ。スマホやビットコインにも対応。

大阪で会計事務所を営む公認会計士・税理士です。自分の趣味や社会の出来事、特に会計や税金について書いていこうと思います。旅行も好きです。ラスベガスに毎年行くのが目標です。

ラスベガスといえばカジノ、カジノといえばラスベガス。そんなラスベガスにやって来て本場のカジノをエンジョイしない手はない。  あまりのめり込みすぎるのも問題だが、せっかくはるばる日本からやって来たからにはぜひ楽しんで帰りたいものである。 ところが残念なことに、カジノにまったく興味を示さない日本人観光客も少なくない。  やりたくてもルールがわからない、英語に自信がないというのであればそれはそれで理解できるが、 「ギャンブルは罪悪だ」 、 「絶対に勝てないように仕掛けられている」 、 「どんなに小額でもカジノでおカネを失うのはバカバカしい」 など、勝手な誤解や偏見を持ち、せっかくの体験チャンスをみずから放棄してしまっている者が少なからずいる。(下の写真はラスベガスのカジノ街)。 もちろん「やる・やらない」は個人の自由だが、ラスベガスまで来て遊び心を持つ余裕がないのもあまりにも寂しすぎはしないか。  またそのような誤解や偏見をまわりのビギナーたちに説教している輩も見かけるが、もはやそれはまわりの者にとって迷惑千万な話だ。 とにかく本場ラスベガスまで来てギャンブルをやらないということは、 ハワイへ行ってビーチに一度も出ないようなもの と考えたい。勝ち負けはともかく、なんでもいいからトライしてみようではないか。

オーシャンズ11には程遠く

そしてその勝負は、個々のプレーヤー(自分を含めた他の一般の客)とディーラー(カジノ側のスタッフでトランプを配る人)との 1対1 の対戦形式で勝敗が決められる。つまりプレーヤー同士(客同士)は互いにまったく関係ない。 超初心者読者のために、もっと具体的にわかりやすく説明するならば、Aさん、Bさん、Cさんが着席しているブラックジャックテーブルにおいて、あなたも参加して合計4人でプレーすることとなった場合(ディーラーも含めると5人)、対戦は、Aさんとディーラー、Bさんとディーラー、Cさんとディーラー、そしてあなたとディーラーがそれぞれの手で勝負することになり、参加者同士は対戦相手ではないので、互いの手はまったく関係ない。  とにかくわかりやすい単純なゲームなので、まずは恐れずに参加してみるとよいだろう。以下は参加の手順だ。 この 「賭け金を決める」 という動作は、自分の目の前のテーブル上の指定された位置(多くの場合、丸や四角、もしくはそのカジノのロゴなどが描かれている場所)に賭け金を置くという行為で、それがゲームへの参加の意思表示となる。

105·106·107·108·109·110·111·112·113·114·115·116·117

ディスカッション