日本から気軽に行けるアジアのおすすめカジノ|厳選5ヵ国(マカオ、韓国、シンガポール、フィリピン、カンボジア) プログラム

日本人に人気世界のカジノ – 726543

会員登録 マイページ メニュー マイページ。

バナー・ベラジョンカジノ

こんにちは!Casimo編集部の笠原豪です。 今回は 「日本から気軽にいけるアジアのおすすめカジノ」 についてご紹介していきたいと思います! カジノと言えば、 ラスベガスやヨーロッパとイメージする人も多い かと思いますが、 実は日本から近いアジアにも魅力的なカジノが数多くあります。

日本人に人気世界のカジノ – 288726

バナー・オンラインカジノで遊んでも大丈夫?

マカオはマカオ半島とタイパ島、コロネア島の3つの島から成り立つ中国の特別行政区です。 過去年の間ポルトガルの植民地となっており、年に返還されたという歴史を持っています。そのため西洋風の建築物なども残っており、東洋と西洋が混ざった独特の雰囲気が漂っています。

知らない人は覚えるべきカジノゲーム

日本には今現在カジノがなく、「ディーラー」といってもどんな仕事なのかあまりピンとこない人も多いと思います。 「ディーラー」はカジノのテーブルゲーム(ルーレット、ブラックジャック、ポーカーなど)でプレイヤーの賭けを受け付け、ゲームを進行して賞金を払う人です。映画とかでよくみるカジノのシーンで、テーブルの後ろでルーレットを回したり、トランプを配ったりしている人ですね。 「ディーラー」はいろんな国または、クルーズ船のカジノで働くため、コミュニケーションをとるのに英語は必須です。 先ほども触れたとおり、「ディーラー」は夜の仕事です。そして、基本的にカジノは年中無休なので、土日祝日も働かなくてはいけません。朝に弱い私には、1時に始まるこの仕事はあっていましたが、夜に弱い人には向かない仕事です。イギリスにいたころは未婚で子供もいなかったので、週末や祝日に働くことは苦になりませんでした。しかし、 パートナーや子供、友達と時間の合わないこの仕事は、残念ながら、結婚や出産などを考えるには不向きな仕事 だと思います。 この仕事の魅力のひとつに給料が良いということが上げられると思います。 夜の仕事は基本的にどの仕事でも給料が高めですよね。今から約10年前、私がイギリスのカジノで働いていた時の年収は1年目でポンド(年、1ポンド約円だったので、日本円に換算すると約万円)でした。これは固定給で、一ヶ月ポンド、ボーナスは1か月分なので、合計でポンドになります。しかし、「ディーラー」の収入のもうひとつの要素はチップです。チップは平均して、月にポンドもらっていたので、それを合わせると年収ポンド(万円)になります。ちなみに、年、日本の高校卒の初任給が16万円だったことを考慮するとかなり良い報酬ですね。 近年、常に売り上げが減少していたカジノ産業ですが、年、年と2年続けて増加の傾向を示しています。 日本でもカジノ法が成立しました。今後「ディーラー」の仕事は、海外だけでなく日本でも求められる職種になると思われます。

その他のおすすめ特集

名前さえもよく知らないという方が多いゲームが、カローキやパン、シュマンドフェール、スウェディッシュダイスなどですが、これらで遊んでいる日本人は見た事もありません。 海外旅行にいって、旅行を楽しむついでにカジノで遊ぶという、観光地を訪れたり、エンターテイメントを楽しむといった感覚で行く方が多いこともあり、新しくゲームのルールを覚えようなんて人はあまりいません。

往復航空券やホテル代を出してまでVIPを呼びたいカジノ側

茨城県出身。高校卒業後、早稲田大学に進学するも京都で学生生活を送るという夢を捨てきれず再受験を決意。仮面浪人を成功させ京都大学に入学。 TABIPPOに参加して旅の素晴らしさを知り、バックパッカーとしてアジアを中心に旅を重ね、TABIPPO大阪では広報スタッフを務める。年7月から日間の世界一周の旅にでる。趣味は京都のお寺巡り。 目的から探す ・年2月4日。 writer 山中 基弘 世界一周経験者 記事一覧へ。

247·248·249·250·251·252·253·254·255·256·257·258·259

ディスカッション