パチンコのダイナム開発のビデオスロット機がマカオで稼動 研修

新スロットカジノIR – 814694

ランキング 週刊東洋経済プラス 四季報オンライン ストア セミナー。

国内企業:近鉄GHD 新経営体制で大阪IRを商機~MGMオリ事業体出資にコメントせず

パチンコホールを運営するダイナム・ジャパン・ホールディングスはこのほど、シンガポール拠点のスロットマシン開発会社ウェイケ・ゲーミング・テクノロジー(WGT)と共同開発した3種のビデオスロット機を、マカオで稼働開始したと 発表した 。 マカオのカジノ事業者マカオ・レジェンド・デベロップメントが運営するレジェンド・パレス・カジノにゲーム機を設置した。 共同開発したのは、パチンコボーナスシリーズの「Fortune Frogs」「Fortune Frogs In Mid-Autumn」と、ハーフチャンスシリーズの「Double Frogs」の計3種。ダイナムによると、パチンコボーナスシリーズは、パチンコのゲーム性を取り入れたマスマーケット向け・時間消費型のゲーム。一方、ハーフチャンスシリーズは、1 リール・1 ラインで、当たり・ハズレが短時間で決まるゲームという。 ダイナムは、マカオでカジノ機の製造・販売ライセンスを取得しているWGTと 年 9 月 に共同開発契約を締結している。ゲーミングソフトウェアの企画や開発はダイナムが、ハードウェアの開発、ゲーミングソフトウェアの実装、カジノオペレーターへの販売はWGTが担当。19年3月にはマカオのゲーミング規制当局であるDICJから、開発機器の技術基準適合通知を受け、その後は承認申請の手続きをしてきた。

新スロットカジノIR – 22110

大阪府市 夢洲鉄道アクセス関連企業

横浜市が表明した、 IR カジノを含む統合型リゾート施設 の山下ふ頭への誘致方針に対し、「かながわ市民オンブズマン」が請求した住民監査が市監査委員に却下されたことが24日、分かった。オンブズマンは結果を不服とし、住民訴訟を起こす考え。地元紙の神奈川新聞が伝えた。

この記事を読んだ人にはこんな記事も読まれています

統合型リゾート (とうごうがたリゾート、 英 : Integrated Resort 、略称: IR )とは、 国際会議場・展示施設 などの MICE 施設、 ホテル 、 商業施設 ( ショッピングモール )、 レストラン 、 劇場 、 映画館 、 アミューズメントパーク 、 スポーツ 施設、 温浴施設 などと一体になった複合観光集客施設のこと [1] 。日本においては、 地方自治体 の申請に基づき カジノ の併設 を認める区域を指定して設置される予定である。 マカオ や シンガポール など、近年に統合型リゾートを設置した外国都市が国際的な観光拠点として多数の観光客を進める中で、 訪日外国人観光客 (インバウンド)を集めるプロジェクトの一つとして、日本国内への統合型リゾート設置が注目されている。しかし現行の 日本 の法制度では カジノ が違法とされているため、統合型リゾートの推進にあたっては、カジノの法制度化が大前提とされていた。 ハナ金融投資研究員は日本でカジノ解禁された場合には真っ先に韓国に来る 中国人 観光客が減少し、韓国の 外国人 カジノが打撃を受ける可能性が高いとし、法案が可決されれば 韓国 内の外国人向けカジノの売り上げが減少するかもしれないと懸念を示した。投資家も同様に反応して韓国のカジノ関連の株価が下落した [20] 。

76·77·78·79·80·81·82·83·84·85·86·87·88

ディスカッション