研修

日本語ではスポーツブックのルール 研修

日本語ではスポーツブックのルール – 722706

スポーツにはすでに、スポーツ用語や技の名前などをまとめた辞典が存在しており、英語・ドイツ語・ロシア語・フランス語などの主要な言語で利用可能です。また、オリンピックを開催した経緯から日本語の辞典も作られています。ただ、スポーツのルールは常に改定され、その度々に翻訳をする作業が伴います。また、新たなスポーツも毎年のように日本に入ってきますし、オリンピックなどでも新たな種目が追加されることは珍しくありません。そして新たなスポーツが世界に広まるときはルールの翻訳も必要となり、その作業も簡単なものではありません。 たとえば、ブラジル発祥のビーチスポーツ「フレスコボール」などは近年日本でも人気が高まり、ジャパンオープンが開催されました。ブラジルの公用語はポルトガル語です。つまり、スポーツの翻訳は、英語と日本語の2言語間だけの翻訳ではないということです。英語圏ではない国からスポーツが入ってきた場合、現地で話されている言語に精通した人間が必要になります。2020年に夏季オリンピックが東京で開催されるなど、日本で世界大会を開催する機会は相変わらず多いです。その際は、ルールブックおよびその他の案内情報を英語だけでなく、フランス語・ロシア語・ドイツ語・中国語などの主要言語でも翻訳することが開催国として、また先進国のひとつとして望まれます。

1·2·3·4·5·6·7·8·9·10·11