カジノが楽しめる日本発着のクールズ船【ダイアモンド・プリンセス】 研修

日本人に人気船上カジノ – 97786

アフリカ・インド洋 アラスカ アマゾンリバー 南極・北極 アジア アジアリバー オーストラリア・ニュージーランド、南太平洋 バルト海 アメリカリバー カリブ海 カナダ・ニューイングランド、アメリカ東海岸 ヨーロッパリバー ハワイ 日本発着 地中海 メキシコ・パナマ運河 中東 ナイル川 ノルウェーフィヨルド、北海 南米・ガラパゴス諸島 アメリカ西海岸 西ヨーロッパ、イギリス・英国。

クルーズ船内のカジノの特徴

最低限の準備は、どのゲームをするか決められる程度のゲームの知識でしょう。 カジノには、スロットマシンのようなゲーム機相手のものと、ディーラー相手のブラックジャックやバカラ、お客同士が対戦するテキサスホールデム(ポーカーの一種)等、様々なタイプのゲームがあります。主要なゲームについて多少でも知っておくと、船上で迷って貴重な時間を無駄にすることを避けられます。 バカラ、ブラックジャック、ルーレットは、どのカジノにもあるポピュラーなテーブルゲームです。最低限、このいずれかのルールをネット等で下調べしておくことをオススメします。 ちなみに、初心者の方は、敷居の低さでスロットマシンを選んでしまう人が多い気がします。ディーラー相手は気が引けるという人が多いでしょう。しかし、カジノの醍醐味は、ディーラーとのやり取りだと思います。個人的には、ブラックジャックやルーレットをオススメします。逆に、お客同士の心理戦でルールが複雑なテキサスホールデムは、初心者は避けた方が良いでしょう。 船によっては、カジノで初心者向けの無料レッスンが開かれることがあるので、乗船したら船内新聞をチェックすることもお忘れなく。他のお客がプレイしていると、なかなかゲームを止めて質問するのは難しいかもしれませんが、ディーラーは初心者に親切ですから、質問すれば色々と教えてくれます。不安ならスマホ等の無料ゲームアプリで遊んでおくと、基本的なルールは理解できるでしょう。 クルーズ船によって、香港ドルやUSドル、ユーロ等船内通貨が異なりますが、どこで円から両替すべきかは、様々です。カジノ内のキャッシャーで外貨の両替が出来る場合と、レセプションでのみ両替できる場合、どちらでも両替できるがカジノのキャッシャーの方が両替レートが良い場合等があります。 欧米のクルーズ会社の場合、レセプションだろうとカジノのキャッシャーであろうと両替レートは同じで、しかもかなり悪い場合が多いので、乗船前に両替しておくと良いです。 それに対し、アジアのスタークルーズやドリームクルーズは、カジノの運営が独立しており、カジノ内のキャッシャーの両替レートが船のレセプションと異なったりします。しかも、カジノは両替レートがとても良いです。乗船前に外貨を準備するより、カジノのキャッシャーで両替した方がお得な場合が多いです。 カジノには、ATMがあることが珍しくありません。海外ATMで出金できるクレジットカードやキャッシュカードがあれば、船内通貨で出金可能です。欧米のクルーズ船のように現金の両替レートが悪い船では、ATMで手数料を払ってでも出金した方がお得ということは多々あります。 なお、船内通貨の紙幣は、ディーラーがテーブルでゲームチップに交換してくれるので、必ずしもキャッシャーでゲームチップにしておく必要はありません。ただしディーラーは、プレイヤーから直接手渡しで現金やゲームチップを受け取ることを、(不正が生じやすいので)厳格に禁じられています。初心者の方は、手渡ししようとしてしまいますが、断られますので、必ずテーブル上に置くようにして下さい。紙幣等をテーブル上のディーラーの手の届く範囲に置いて着席すれば、それをゲームチップに交換する意図だと分かりますので、何も言わなくともディーラーは対応してくれます。 船内の通常の支払いと同様、ルームキーカードで船内会計に加算される形で、カジノのゲームテーブルやキャッシャー等でゲームチップを購入できます。(スロットマシン等であれば、専用の差し込み口にルームキーカードを挿入することで、画面上から希望金額をマシンにチャージし遊べることもありますが、初回はパスコードの設定が必要だったりします。) これは、ゲームチップを「買う」扱いなので、船内会計の清算にクレジットカードを登録している場合、キャッシングではなく、ショッピング枠で請求されます。また、カジノのキャッシャーでは、直接クレジットカードからもチップを購入できますが、これもショッピング枠で請求されるので、ATMでのキャッシングのように利息や手数料を請求されることは無いですし、キャッシング枠が無いようなショッピング専用のクレジットカードでも構いません。 ただしルームキーカードでは、1日あたりや1航海あたりの上限金額があるので、大きく遊びたい方はご注意を。船内での支払いが一定額を超えると、クルーズの途中でもカード会社に請求されたりするので、下船後の日付でカード会社に請求が上がる前提でクレジットカードの支払日を計算していると、思っていたのより前の月に支払日がやってくることもあるでしょう。高額な支払いが累積すると、クルーズ途中でレセプションから呼び出され、その時点までの合計額をカード会社へ請求することに同意するサインを求められたりします。

この記事を読んだ人にはこんな記事も読まれています

日本発のクルーズ船でもカジノを楽しむことが可能なのですが、日本国籍で日本国内をクルーズするような豪華客船の場合は、残念ながら現金を賭けたりすることはできません。 スロットやルーレット、ブラックジャックやバカラといったカードゲームを楽しむことができますが、お金ではなく専用のコインを使って賭けていくことになります。買ってコインを増やすことができれば、オリジナルグッズなどの記念品といった日なものと交換してもらえます。 日本で生まれた豪華客船で、日本から発着するのだけど運行しているのが外国の船会社であるダイアモンド・プリンセスでは、外国籍という理由から日本の領海をでればお金を賭けた本格的なカジノで遊ぶことが可能です。 日本を出ると外国と同じといった理由からカジノをしても大丈夫になるので、カジノクルーズで世界各地を巡りたいのならダイアモンド・プリンセスを選ぶとよいのではないでしょうか。 ダイアモンド・プリンセスは日本の領海を出るとオープンして、気軽に遊ぶことができます。 旅行の途中ということで特に厳しいドレスコードはありませんが、マナーとしてあまりにも ラフすぎる格好は避けたほうがいい でしょう。豪華客船での船旅ですから、できるだけきちんとした格好で出かけるほうが無難です。 入場できるのは18歳以上 になります。 18歳以上なら日本で未成年とされる年齢でも入場してお金を賭けてゲームを楽しむことが可能です。 カジノ内で使われる通貨に関しては、USドルのみ使用することができます。現金でも大丈夫ですが、後で決済をすることができるクルーズカードも利用できるので、USドルを用意できなかった場合もゲームに参加できます。クルーズカードを発行するためには、船内会計用にクレジットカードを登録する必要です。カジノだけでなく船内のいろいろな施設で利用が可能だから登録をしておいたほうが便利です。 カジノでクルーズカードを利用するときの注意点は、一日に使用できる限度額が決まっているということです。一日の限度額はUSドルまでで、1航海の間では合計してUSドルまでがチップなどを購入などに使用できます。 それ以上は使用制限がかかって使えなくなるので、現金よりもクルーズカードでカジノを楽しんだほうが、負けすぎてお金を使い過ぎてしまうといったことを防ぐことができるから効果的なのではないでしょうか。

86·87·88·89·90·91·92·93·94·95·96·97·98

ディスカッション