カジノ、国民多数は反対 研修

トップ国民カジノ – 150542

お使いのブラウザはJavaScriptに対応していないか、または無効になっています。詳しくは サイトポリシーのページ をご覧ください。

塩川氏指摘 担当相、答弁立てず

企業での記事共有や会議資料への転載・複製、注文印刷などをご希望の方は、リンク先をご覧ください。 詳しくはこちら。 天気 プレスリリース検索。 トップ 速報 アクセスランキング トピック一覧 人事 おくやみ プレスリリース ビジュアルデータ 写真 映像 社説 統計 話題のトピック 新型コロナ 米大統領選 就活 FT お金のトリセツ 人生年の羅針盤 経営者ブログ ヒットのクスリ モバイルの達人 今週の予定。

中村智彦の最近の記事

横浜市の将来の税収をギャンブルという事業中心で構成してもよいものでしょうか。 この収入は、海外の観光客からなどではなく、少子高齢化と老後の不安に備えて蓄えてきた「なけなし」の日本国民の懐から出てくるお金です。一攫千金の夢を見た 日本国民の大多数の敗北のカネ からです。 莫大なカジノ収入は、最初からお客が負けるように仕組まれたビジネスで生まれます。 見かけ上は、IR施設という名の様々な魅惑的な人工建築物が娯楽施設として建設されるでしょうが、実態は カジノギャンブル中心 の施設群です。 カジノ誘致の裏の実態とカジノとはどういうものかを知れば知るほど、これほど明らかに民意に反した政策はありません。 こと地元の横浜市の状況を考えると、 横浜市民のためを思ってという要素が一つもありません 。 横浜市のIR推進案は、IR事業者から言われた表面上の数字の羅列になっており、横浜市が自らその内容を評価しようとすらしていません。 それなのに、前回選挙で「カジノは白紙」で当選した林市長によって、民意を一切顧みずにカジノ誘致が進められようとしています。 このままでは横浜市の将来は ギャンブルの都市横浜 になります。 そんなところに私たちの大切な子供達を住まわせたいですか? このホームページでは、そんな思いから横浜へのIR(カジノ)誘致に反対する理由と、カジノ反対の真の市民運動を支援するための様々な有益情報を広く載せていきたいと思っています。 目次 新サイトのご紹介 はじめに いろいろな情報源へのリンク 参考文献など。

朝日新聞官邸クラブ 公式ツイッター

キーワード: 検索。

カジノは本当に地域経済を活性化するのか?議員の先生方は冷静に考える良い機会

IR(統合型リゾート)を設置するためには、誘致を望む都道府県などが事業者と整備計画を作り、国から認定を受ける必要があります。設置できる箇所数は、現時点では 3箇所 に限られていますが、 最初のIRの認定から7年 が経過した時点でその数を増やすかどうかを見直すことになっています。

269·270·271·272·273·274·275·276·

ディスカッション